会社案内

  • 会社概要
  • 事業ビジョン

一皿一皿を最高の品質で提供する

はま寿司では厳しい安全基準をクリアした高品質の食材のみを使用。また、最新の技術を積極的に導入し、食材の品質を管理しています。おいしいお寿司の提供、お客様満足度向上のためにはどのような改革・改善が必要か日々考え、科学的に分析しています。

会社概要

社名 株式会社はま寿司(かぶしきがいしゃはまずし)
株式 非上場
本社所在地 〒108-0075
東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル(8階総合受付)
TEL: 03-6833-8032 FAX: 03-6833-8033
交通アクセス
代表者 代表取締役社長 小野﨑 聡
設立 2002年10月
事業内容 大型回転寿司チェーンの経営
資本金 1,000万円(株式会社ゼンショーホールディングス100%出資)
事業所 本社: 東京都、店舗「はま寿司」: 全国各地
従業員数 21,969名(パート・アルバイト含む。正社員466名)
※2015年3月現在
グルーフ企業 株式会社 ゼンショーホールディングス、株式会社 すき家本部、株式会社北日本すき家、株式会社関東すき家、株式会社東京すき家、株式会社中部すき家、株式会社関西すき家、株式会社中四国すき家、株式会社九州すき家、株式会社 エイ・ダイニング、株式会社 ココスジャパン、株式会社 ジョリーパスタ、株式会社 華屋与兵衛、株式会社 なか卯、株式会社 ビッグボーイジャパン、株式会社 宝島、株式会社 ユナイテッドベジーズ、株式会社 マルヤ、株式会社 マルエイ、株式会社 尾張屋、株式会社 輝(かがやき)、株式会社 ゼンショー商事、株式会社 グローバルフレッシュサプライ、株式会社 トロナジャパン、株式会社 サンビシ、ヤマトモ水産食品株式会社、株式会社GFF、株式会社ゼンショーライス、株式会社 グローバルテーブルサプライ、株式会社 グローバルITサービス、株式会社 テクノサポート、株式会社ゼンショービジネスサービス、他

交通アクセス

概要へ戻る

本社所在地

〒108-0075 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル

最寄駅

  • JR「品川駅」 直結 (山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線、成田エクスプレス)
  • 東海道新幹線 「品川駅」 直結
  • 京浜急行 「品川駅」 直結
東京駅からお越しの方
  • JR東京駅(山手線) ⇒ 品川駅(約14分)
羽田空港からお越しの方
  • 羽田空港第1ビル/第2ビル(東京モノレール) ⇒ JR浜松町駅(山手線) ⇒ 品川駅(約9分)
  • 羽田空港(京浜急行) ⇒ 品川駅(約26分)

事業ビジョン

寿司で世界の食生活に
貢献する。

私達はま寿司は、牛丼店「すき家」などを運営するゼンショーグループの一翼を担い、世界中の人々においしくて安全な「食」を「寿司」というかたちで社会貢献することを最終の目的に掲げております。

ゼンショーは創業以来、世界中の人々に安全でおいしい「食」を手軽な価格で安定供給することを最大の目標に掲げてきました。

それを実現するためには、「明確な目標」「綿密に構成された仕組み」そして「十分な資本力」を持つフード企業が必要だと考え、「フード業世界一」のスローガンを掲げ、急速に発展を続けています。

全国制覇、そして世界へ
はま寿司は今、
大きく飛躍しようと
しています

ゼンショーグループ

このゼンショーグループの豊富な資産を活かし、はま寿司は今、大きく飛躍しようとしています。まずは北関東を中心にドミナントエリアを構築。次に全国展開、そして世界へと展開し、お寿司による「豊かな食生活」を広げていきます。全国展開や世界展開を見据える上で、ゼンショーというバックボー ンはとても大きなものです。

最新テクノロジーの導入で、
安全でおいしいお寿司を
手軽な価格で提供

ゼンショーグループのMMD※(マス・マーチャンダイジング・システム)の導入により、安全でおいしい寿司を手軽な価格で提供できる仕組みが構築されています。

この仕組みを事業の核に、日本食を代表する「寿司」をゼンショ ーのノウハウを活かして、日本全国に、そして、世界へ広げてい くことが、私たち「はま寿司」の役割でありミッションです。

また、回転寿司は「システム産業」であり、安全でおいしい「寿司」 を提供するため、「科学的生産管理体制の構築」こそがお客様満足度の向上に大きく寄与するとの信念のもと、入店されたお客様が今食べたいと思う新鮮なお寿司が常に目の前にあるという理想形を追い求め、最新のテクノロジー導入のためのシステム投資、設備投資を日々積極的に行っています。

ゼンショーグループのMMD※(マス・マーチャンダイジング・システム)

※MMD (マス・マーチャンダイジング・システム)とは

「原材料の仕入から食品加工・物流・店舗での販売まで」一貫して自社で管理する仕組みです。安全でおいしい「食」を安定的に提供するために不可欠な仕組みともいえます。食の一部分だけでなく、「食」に関わる全てを自社でマネジメントするゼンショーにとってMMDは、事業の根幹となるシステムです。